縮毛矯正 パーマ | 縮毛矯正毛にはデジパーが相性が良い

縮毛矯正とパーマの期間について
スポンサーリンク




縮毛矯正毛にはデジパーが相性が良い

縮毛矯正をかけた髪の毛(縮毛矯正毛)にはパーマがかからないなんていう話もあるらしいが、それは事実ではありません

縮毛矯正毛にもパーマはかける事ができて、可愛らしいパーマスタイル(髪型)も作る事が出来ます

けど、それには相性というものが存在します

縮毛矯正をかけている髪の毛にはどんなパーマもかけれるのかというと答えはNOです

縮毛矯正毛に適したパーマというのが存在します

それがデジタルパーマです

縮毛矯正をかけた髪の毛でパーマスタイルを作るにはデジタルパーマが最も適しています

っというよりもデジタルパーマでないとかからないといった方が良いかもしれないくらいですね

なぜ縮毛矯正毛にはデジパー?

なぜ縮毛矯正をかけた髪の毛にはデジタルパーマなのか??

それはパーマの中でもデジタルパーマとはパーマをかける力(威力)が強いからです

縮毛矯正というのは【熱】というアイロンを使い、くせがある髪の毛を綺麗なストレートヘアーにするモノです

それはとても強い力でくせを真っ直ぐにさせているのです

そんな強い威力でかけられている縮毛矯正毛にパーマをかけるには、それ相応の威力のあるパーマでないとカールを付ける事ができないのです

それが縮毛矯正と同じく【熱】を使うデジタルパーマなのです

威力が強いという事は傷む?

威力が強いと聞くと髪の毛を相当傷めるのではないかと思ってしまう人も少なくないと思いますが、そんな事は無いです

パーマや縮毛矯正というのは薬の力と熱の力のバランスによってストレートにしたり、カールを作ったりするのです

デジタルパーマや縮毛矯正というのは熱の力を上手く使いカールやストレートを作っていきます

薬に関してはアイロンの力を考慮して弱めに作ったりもしてますので、一概に威力が強い=ダメージも強いというわけではないです

デジタルパーマは知識がないと痛む

縮毛矯正やデジタルパーマといった【熱】を使う類のものは知識がないととんでもない事が起きる場合があります

それがビビり毛です

【熱】の力を使うメニューというのは威力が強い分、一歩間違えるとビビり毛というどうしようもない事になりやすいのが難点です

それは知識がないゆえに起こってしまう事なのです

【熱】は美容師の使い方で良くも悪くもなる代物という事です

まとめ

縮毛矯正をかけた髪でもパーマはかけられる

【熱】を使いストレートになっている縮毛矯正毛には【熱】を使いカールを作るデジタルパーマが相性が良いです